Archives

2014年03月のLog

No Title
09:40
数日前の話だけんど、字面と言い色味と言い本人と言い。もう永世名人の名を渡す人なのではないかと思う。ガンダーラ。
No Title
13:35
つーかサロンって単語幅広過ぎだろwww
No Title
13:27
3秒に一人ネットでサロン予約してるっつー宣伝見て、市場規模的にそりゃないだろーって思ったけどそう言えば自社サービス経由とは言ってなかった(笑)広告って不思議!
No Title
09:48
ドームでは173さんとzakoちゃんに出会った。あの広い所で!出来れば知り合いみんなと観たかったな。
No Title
13:46
太くてヌキ易いですなんて言われちまったい。血管と採血の話だけどね
No Title
00:28
競艇場的な
No Title
14:41
俺はひかりが好きだねぇ。1,2両はさ、ゆとり持してもいーんじゃない?分煙な訳だし。WHO?余計なお世話だっつーの
No Title
18:34
世界の山ちゃん1号店、の再現って所でとりあえず一杯、二杯。甘味噌が苦手な身としてはコーチン焼いてそうな赤提灯探してるんだけどみつかんない。つーか名古屋広い!うらぶれた店センサーが働かない
No Title
15:35
ヒステリックババアを書かせたら筒井の右に出るもんは居ないと思ってるんけど「最後の喫煙者」はその最たるもの。
No Title
12:04
やべぇ確定申告の期限もっと先だと思ってた。そんで引越しにより電子証明書も切れてる。ギャース!
No Title
16:06
もう少し前だったなぁ
No Title
13:23
知らない街で瓶ビール。隣には老夫婦。良い
No Title
09:58
二の腕がベチャッとくっつくとげんなりするからシャワーカーテンはひかない
No Title
14:51
古城公園すんごい良かった!至る所ことごとく苔むしてて。桜も沢山植えてあったからひと月後は違う風景なんだろな。桃色と葉っぱ、苔の緑のコントラストは違うんだろうなぁ。でも旅行で後悔があるのはまた来たくなるからいーよね
No Title
12:05
白川郷から三ルート程バスがあったんけどなんとなく金沢へ。だが何処に行けば良いのもわからず。ふと浮かんだのが高岡。そう、藤子不二雄!大仏さん拝んでくる!
No Title
14:05
苔っていーよねぇ
No Title
12:54
金沢城と兼六園を後に。日本人凄い!
No Title
13:20
でっかい花崗岩を90何個かに分けてまた組み立てたんだって。日本人なにやってんの!ひょうげ過ぎ
No Title
13:10
水苔もいーよねぇ
No Title
10:33
融通きかねえ馬鹿ってのはなんであぁ阿呆のように融通きかねぇかな。詰まる所結局阿呆で馬鹿なんだろうなぁ。
No Title
21:31
海鮮尽くしになってた身体が自然と求めた。宇和島にて。
ホントうめかった。右にあるのはスジとこんにゃくのおでん。酢みそつけてこちらもンマーイ!
No Title
21:23
確か20年前位に小林薫主演の、四万十川を主軸に置いたドラマか映画があってさ。なんだか強烈にその景色がこびりついてたんよね。
やっと来れた。
No Title
10:42
線路はどこまでも続くのだからどこまでも行けるのさ。ランラランララーン ラ ランラランララーン
No Title
23:31
この時間迄宿が見つからんかった。あぶねえ。でも春めいてきてるから野宿もありかなぁと揺れた
No Title
16:48
九州にくる予定は無かったんけどさ。一昨日特急で一緒になったおばちゃんが、あらフェリー乗っちゃえばいーじゃない、との甘言で只今九州。
だがしかしやっぱり何処行っていーかわからんから運賃表に載ってたこんなとこ来たよ。
親父熊本だし俺のルーツはここら辺なんかな
No Title
08:01
線路はどこまでも続くんけど行き先が違ったり遠回りもあるからこういう事も。行けば海路。
No Title
17:42
あ、もうニアフォーティなんで自分探しとかOL旅行とかじゃなくって単なる旅行だかんね。後幸いな事に旅行を旅とか言っちゃうセンスはござんせん。
No Title
13:26
フェリーで佐伯に着いて、港の食堂で海老フライとハモの唐揚げでビール。駅に行って電車待ってたら後ろからずずずいっと一番搾りがあらわれた。さっきの食堂にいたっつーおっちゃんが飲みたりんめぇとくれた。おっちゃんハローワーク帰りらしいけどイカスぜ!俺知らん人よ?イカスぜ!

 19件  


最初 1 2 最後