Archives

2013年02月のLog

No Title
22:32
一人だと恥ずかしいからこしょこしょ声で豆蒔いた。鬼は外、福は内。
No Title
22:29
入れ入れ門から♪ #nowplaying 福は内鬼は外 Hosono House - 細野晴臣
No Title
11:12
花粉の野郎、俺の目鼻はお前の雌しべじゃねーんだよ!
No Title
02:54
夜更け過ぎにも雪へと変わってないぜ?
No Title
17:14
これまた大分とっ散らかった
No Title
17:12
オンタイムで飛行機雲が伸びていってるのを見てる。随分と久しぶりだ。いいな。
No Title
16:28
母ちゃんがサガン読んでたとはなぁ
No Title
20:13
ちくわ→ちくわ天を超えるジョブチェンジを可能とするダーマの神官をみた事がない。よって富士そば>ドラクエは自明である。
No Title
17:03
だがしかし。親父の時は書架など無く、官能小説が部屋に数冊積んであったのであった。俺は二人と同じのん読んでたんだなぁと思うと涙を禁じ得ない。じゃねーよ!!w
No Title
16:51
バス待ち一人焼肉。ランチメニューじゃ少し足りなく、メニューをめくる俺はまるで五郎ちゃんだ。うおォン!
No Title
11:07
布団を上げる時、羽毛蒲団ってどうすんだ?順番としては掛け蒲団、敷蒲団だろうけど羽毛はふわっとさせときたいよね?
No Title
12:33
八っちゃん!
No Title
14:59
さて仕事行くか。自業自得と言えばしようがあんめぇと思いながら、いや俺の所為じゃねーよ?とか色々。自分の業、カルマと捉えるならそういう事なのかもなぁ。輪廻とかも信じないし死んだらそれで無。だけんども生きてる俺にそんなしがらみが一杯掛かってくるんだな。業とは何だろね?
No Title
23:15
ロシアンチョコ
No Title
13:35
山の郵便貯金
No Title
17:59
西小の周りの灯油販売の音楽はいまだにメダカの兄弟のインストだった。落ち着くなー。小学生の頃の冬の夕方の風景として組み込まれてるん。日が暮れるのが早くて防災北本が4時5時に流れて。みんなと別れんのがせつねーんだ。そんな時に流れてたんよなー
No Title
00:04
答えは藪の中かもしんない。でも、うぃっすー!っつってその藪の枝を払ってけば辿り付けるんよな、その答えに。
その答えがあってるか間違ってるかわからんけど枝を払った事実はかわんないのよ。経験値。べホイミくらいは使えるようになってたいね。
No Title
15:50
うーんこちーんちん!うーんこちーんちん!だぁいーじょーぶだぁー(て、てっん、てん)タイムラインに影響されて。2月17日記す

 16件  


最初 1 2 最後