Archives

2005年02月のLog

アローミナサン、コンバンハ!
去年の秋頃まで手伝ってたバンドを一時休憩させてもらってたんけどライブをやるっつー事で急遽再参加。
約半年振りくらいに人とあわせるのは楽しくって弾いてる時はハイテンション。
でも家帰って練習したんを聴いたら落ち込んだ。
そのバンドではラテンのノリの曲が何曲かあるんけどギターのリズムが滅茶苦茶悪くなってんやんの。参ったな。

でも実を言うとスタジオに入るのは久しぶりではなくってその2週間前くらいにも入ってんの。
大きな会社には音楽サークルとかあるらしくってさ、そのサークル内の趣味のバンドをちょっと手伝ってくれないかと。


ベースで。

趣味のバンドとかっつってさ、結構歳がいってる人等がメインでね、カバーをやるの。


ボンジョビ。

頑張ります!チャオ
アローミナサン、コンバンハ!
いやはやもう!長蛇の列に並びながらもチョコレートをくれたベイブ達、愛してるぜ。
でも気を付けろ!毎年この時期になるとさんまが昔取った杵柄を自慢するんだ。んひぃー(引き笑い)。

それにしてもあれだね、ウイスキーボンボン考えた奴天才。
どんな思考能力を持ってればチョコレートん中にお酒注入なんて考えるのかね。
そしてジンを片手にウィスキーボンボンを食う俺もイカス。
どんな思考能力を持ってればお酒が注入されたチョコレートをつまみに酒なんか飲むのかね。
そこん所は食っている我ながらわからんけどありっちゃぁ有り。別にベストマッチングな訳ではないんけどね。
それでもキミ達の愛をチョコに感じながら噛み締めているよ。ありがとうベイブ達。

えーっとね、

くれなかった奴は死刑!チャオ
アローミナサン、コンバンハ!
すげーすげー!雪!超雪!しかも超粒でっかいの。
銀灯の下歩いてたら降ってくる雪の影が!ぐわははは!
井の頭公園(俺の私有地)はもう1CM 超えてるよ。
豪雪地方の人には申し訳ないが滅茶苦茶ウキウキ。

浮かれすぎてまだ人の踏んでない小路探して歩いてたらこんな時間になっちったよ(盗作したわけじゃないよ)。
だってよぉ、むぎゅむぎゅ言うんですもの!いや、ぎゅむぎゅむか?。
歩くたびに小気味いい音立ててそんでもってまたその感触が気持ちいいんよなぁ。

歩きすぎてたら腹冷えたらしくもよおしたん。思わず立ちションしちった。あはは。
流石に字は書かなかったけど俺のほとばしりはジョボジョボと雪を溶かしたぜ。

あ、時間は前後するけど電車乗ってたらさ、曇り硝子の少し向こうに降る雪粒がさ
筋のように見えて後ろに流れてくん。
車外は真ッ暗 闇の闇
その筋が流星みたいに見えてね999に乗ってるみたいだったんよ。
埼玉の高崎線だったらボックス席でばっちりだったんだけどな。
チャオ!