Archives

2004年06月のLog

アローミナサン、オヒサシブリ!
半月空けてるや、日記。半月記だいね。これを機に不定記とでも名称変えようかしらん?
つって駄洒落を言ってると段々と親爺になっていくんだろうな。怖い怖い。饅頭怖い。つって特に饅頭が欲しいわけでなく。あんこ嫌いだし。

最近ホント忙しいんよな。ここと違うサイトを立ち上げたり助っ人バンドがあったり自分があったり。かと言ってなるべくなら日々を通り過ぎないようにしたいもんだいね。

人は自分の生まれた季節を好むってのを前に聞いたことが有るような気がするんけどね、僕に関しては実際そうなので納得してんだよな。
僕は11月生まれで秋口から春先までは大抵好きで(って生まれ月を大幅にオーバー)、今の季節が大変に嫌いなん。肌に纏わりつく粘着質な季節。
と感じてるんだけどここに越してきてからは梅雨の季節はそれほど嫌いじゃない。
やっぱり纏わりつく湿度は如何ともしがたいのだけれどもね、僕んちの周りには木々が生い茂っていてさ、雨が大変似合うん。
家の中で聴く森が弾く雨音も、森ん中歩いて上から落ちてくる雨粒の音も、翌日の森自体も素敵なん。
そんな森を通って駅に向かうんよ。いいっしょ。
先日の台風も被害を受ける地域の方には申し訳ないが家の中でざわざわ感を楽しんでしまった。
僕は元々関東地方意外に住んだ事が無く大変な被害を被った事がないんもんで、なんか「非常時」的なわくわく感を得てしまうん。
んでもって台風一過の朝の森は素敵でした。
チャオ