Archives

2004年03月のLog

アローミナサン、コンバンハ!
いやぁ寒い。土壇場(なんの?)に来て雪降りやがった。
どうせ降るんなら思いっきり降ってくれよなぁ。昼間に積もりだしてもさ、なんだか積もる予感、というドキドキ感がない。そしてその感じのまま雨になってしまうのだ。ちぇっ。

先週はスタジオ入ったり人のライブ行ったり迷ったり、となかなかに波乱万丈ライフ。
この三つは結構刺激になったな。
やっぱり僕にがっつり来るのは音楽と風景だな、と思う日々。
良い。チャオ
ヘイサミーなこんちきしょー!ナニガシです。
私は古ッぽい日本語も好み、それとはまた逆に進化する日本語も好きなのですけれどもね、所謂口語体の下した言い方の表記に困るね。
寒い→さみー→さみぃ→寒ぃ
と[sa mi-](音声記号なんか知らんよ)に相応しい表記を探していたものの見つからず。
カタカナになりました。
ヘイサミー!なんつってるとサミーデイビスジュニアが今にも踊りだしそうだ。

今年は梅が咲き出したのが早くってさ、雪好きとしてはその時点では不服に思っていたん。でもいざ、三月に入ってまで、更に梅の花が満開に近くなってほんとなんつんだ、「ほこほこほこ」っとばかりに咲いて「おや、まぁ春爛漫だぁ0ぁね0」と、ほほぅ暖房装置の冬が行く、なんつって感慨に浸りだしたらこの寒さだものな。参っちまうぜ。そこを行くのはお春じゃないのか?

つって上の段落、ナニガシは何を言っているのだろう、と思われるだろう、と思われる。はっぴぃえんどの「春らんまん」からイメージ。
この曲も入っている「風街」の曲達は季節そのもの、では無くって季節感つーか季節っぽいつーか。なんつんだろその時その時過ごしている季節にマッチするのだよな。とても好きだ。
んで違うアルバムに「しんしんしん」って冬の曲もあるのだけれども今日の僕は
寒寒寒でかんかんかん。
チャオ!

アローミナサン、コンバンハ!
最近ちょっとばかしヘルプのバンドの方に意識が行っていたもんでちょいと軌道修正。勿論そちらを疎かにするっちゅう事ではなくってさ、少し意識が行き過ぎていたんよな。行ったり来たりの綱引きがいい梅塩。
あっちが踏ん張った!ナニヲ!くぬー!っつって僕が踏ん張って地面に足ついて。でもびょ0んつって手ぇ離してあっちの意表をついたりしたりして。
音楽的なことだけじゃなくってなかなかにいい環境だ。

で今日は一人になるとずっと歌詞を考えてたん。一応形になっているものはあるんけど、なんだか納得いかねん。仮歌録ってさ、それにギターやらベースやら重ねていくわけなんけど、その間中歌詞を繰り返し聴くんよな。繰りっ返し繰りっ返し聴くうちにこの歌詞じゃないんじゃないか、これよりいいのがあるんじゃぁなかろうか、と悩んでくるんだ。
直情的に出てきた文句ってのは大抵一発なんけどね。それに付随させようとこねっくり回した歌詞は悩む。

リンクを勝手に張ってるOops!のメルマガを僕は取っているんだけどそこのトップページの新着ニュースにおもろいのがあった。
新堂敦士さんに歌詞・曲の盗用疑惑が
大変に申し訳ない事にこの新堂さんという方は存じ上げないのだけれども作詞に悩んでいた身としては楽しく拝見いたしました。あんたそりゃやりすぎだ0。
チャオ
No Title
00:00
アローミナサン、オハヨーゴザイマス!
眠いのです。
昨日はヘルプの方のバンドでオールナイト練習。
そしてこれから仕事。
既に不眠時間27時間。死むぅ0
アローミナサン、コンバンハ!
バンドでオールやバイトで徹夜等てんやわんや。おかげでまたまた夜型になってしまった。困ったものだ。

漸く固まってきた曲があったんだけれどもここに来てキーを変えた。
ヘルプでやってるバンドと違ってBoナニガシは一人なのでこれもまたてんやわんや。
今まで録音してた音はサラバイ。
僕はもともとがギタリストなのでギターだったらばある程度移調は対応出来るんけどベースとなるとこれがまた大変なのな。

ギターの道具にカポタストと言う、言うなれば第二の左手のような便利な道具があってね、そいつに演奏の手助けというか響きの手助けをしてもらう事が良くあるのだけれども今日はベースを弾くのにほとほと困ってしまってベースにカポタストをはめた。
全く持って自慢になる話の類ではないのだけれどもベースにカポは世界広しと言えどもなかなかいないのではないかしらん。
チャオ!

アローミナサン、コンバンハ!
まだ春の雨、つーには早いか、少しばかり冷たい空気の中雨が降っていた。
昨日も夜中中起きていてひょっこりと買い物に出かけたんけどさ、玄関脇の桜がさ芽吹き始めてんの。ん、芽吹くって違うんかしら。つぼみが結構おっきくなっててさ幾つか、大きい蕾なんざぁ花っピラ広げてんだ。道路脇の街灯に浮かぶそんな桜もなかなかに良いじゃないか。

僕はまるでもって月下の下のみの風景って言うのを見た経験が少なくってさ、夜の風景ってのは街灯に照らされたものをイメージしたりするんな。
そんな僕の中の風景で、夜は雪か桜に彩られる。
これから桜が咲き誇る。
ふっふっふ。チャオ
アローミナサン、コンバンハ!
先週末からずっと家を空けていてしっちゃかめっちゃか。スタジオ入るわ先行花見やるわ友達の家出たのに井の頭線半周して戻ってきてそいつん家に舞い戻るわゲーム大会やるわ会社サボるわまたそいつん家に泊まるわそのまま会社行くわ、な週末でした。
アローミナサン、コンバンハ!
今まさに春の到来!とばかりに桜が咲き誇っててなんともはや、むふふふふふ。しかもここ数日穏やかな日が続いてなんとも言えん。そんな日差しの中公園を抜けて駅に向かうのも、電車の窓から暖かい感じでそこに存在している、井の頭線沿線の風景をうっつらうっつらしながら見るのも堪らないのだよ。ビバ春!

今年は既に2回花見と銘打った宴会はしてるんけどね、宴会なんて花見るのも最初の十分、途中の数回。結構風景が刻まれるものでもないんよな。酒と会話に忙しくってよ。

イベントとして、ポイント絞って花見ってのもやっぱり良いものだけれどもね、僕はやっぱり日々見てなんかぁ感じる日常の中に感じる桜が好きだいね。
そんな僕の最近の風景は夜桜ね。帰り道、途中のコンビニでビール買ってプシュッ。公園の池の周りを歩きながら飲んでると丁度家に着く頃に空になるんだ。
どかっと座って桜見ながら酒飲むんもいいんけどね、歩きながらの花見酒飲みも乙なもんだぜ。君もこの季節特有の空気ん中で歩きながらビール飲むといい。
春先のちょっと暖かくなった今頃の電車ん中で感じる、窓からひゅるりと入る風を全身で感じるんよ。チャオ!