Archives

2004年02月のLog

アローミナサン、コンバンハ!
いっつの間にかにもう2月な。びびるぜ。
僕は作詞作曲そして歌とやってるんけどもう一つ、僕はギターマンでもあるのな。ギタリストってかっこ良さげにかかないのはまぁ歌とギター、あわせ技一本!みたいななんつーか、俺はギタリストだ!ってギターを矢面に立てられないんよな。なはは。仮に僕が大変なテクニークをもってしてもなんだかこそばゆくってギタリスト!って公言できない。ミュージシャンって括りも然り。
以前、友達のプロフィールみたいんに「僕は音楽ファンです」ってのがあってさある種感動した。これだ!っと思ったん。ファンがいいよな。明石家さんまなら「ふあん」と読むような。
これに負けないような言葉を探したけれどもまだ見つかってないや。音楽ファン。素敵だ。

で、もとに戻って、僕はギターを弾くのだけれどもね。メンテナンスと言う事に頓着しないのな。勿論、こいつがよぉ、いい声で鳴くんだよぉぉぉ、っつって各ギターに愛着はあるものの
弦張りっぱなだったりヘッドには埃が溜まっていたりする。

模様替えして部屋綺麗になって、ぼへーっと座ってたらなんか気になってさ、ギター一本抱えて磨きだしてしまった。グレコのファイヤーバード。最近ずっと弾いていなかったので埃がヘッドに溜まっているし本体表面もなんだかくすんでんの。普段からして手入れをしないと言う体たらくなので柔らかい、ギター用の布なんてもっちゃぁない。トイレットペパーをくるくるくるっと引き出しちぎっては投げちぎっては投げ、ってのは嘘でありんして。ちぎって巻いてぎゅっぎゅぎゅっとギターをこする。長年積もったヤニ、埃だから随分と力が要るのだけれども地層を剥ぐようにギター本来のボディーが見えて、光ってきてなんとも嬉しいんだ。
なんにも考えずにぼへーっと磨いていた。その間にかけた音楽はポールウェラーとコーデュロイ。やっぱいいな、音楽ファン!チャオ
アローミナサン、コンバンハ!
つってびっくりマークをタイプしたもののそんなに快調ではない。ともすれば
「風邪引いたみたいなんで休みます。」
「熱あるみたいなので休みます。」
つってバイト先に連絡をいれ、実際朦朧としているもののその理由は酒だったりギター弾いてる高揚感の熱だったりしてホントのところはなかなかに健康優良児。一年に一回くらい大きな風邪を引く。筋肉、間接までにがたがた来るような奴。
朝起きたらその前兆を感じたんよなぁ。いやに鼻の奥が乾く。と言ってネガティブな事を考えてると実際体力弱るような気がするのでやめ。

友達が新しく始めたスカメインのインストバンドの助っ人をする事になって頭ん中がインストルメンタル、もしくはラッパになっていてさ。普段よりパラリパパラパパッパーつって鼻歌が良く出る。
昨日てくてくと帰りながら鼻ずさんでたらなかなかに気に入ったフレーズが浮かんだのでおもむろに携帯電話を取り出す。
電話をかけている振りをしながら小声でパラッパパーラッパパーラーと歌うん。大きな声で歌っちゃっちゃぁ、なんだこいつ、電話の相手に愛の歌でも歌ってやがる、もしくは鳥肌実未満、と好奇の目で見られる事確実なのであくまでも小声ね。

半年前に手に入れた電話にさ、録画機能なんつーもんがついていてこれがなかなか優れものなん。30分くらい録れるんよ。てなもんで、外でフレーズが浮かんだ時なんかにはこうやって電話かける振りをしながら録音するん。家の中でも、録音機械を立ち上げるのがめんどっちぃ時とかにも重宝してるな。ホントは録画機能なんけどね。音メインで重宝。

はてさて、昨日浮かんだフレーズ。
インストメインのバンドの助っ人ってのが頭にあるせいか、出てくるメロディーがいつもと違うん。良く聞く話でさ、鍵盤で作る曲とギターで作る曲で変わるっつーの。同じ人が作るんでも。まぁこの場合は作曲の補助となる楽器が放つ和音の響きが異なる事もあるんだろうけどさ、頭ん中で意識が変わるだけでメロディも変わるのだなぁと不思議に思った。
パラ!(チャオ!)