Archives

2003年01月のLog

アローミナサン、アケマシテ!
つっても空けすぎだいな。なは。
もうミンナお仕事始まってるのかい?僕はと言うと年末年始は4日休みを貰って実家に帰っていたん。20年来一緒に年を越してる奴らと相も変わらず年を越して後はずっと酒飲んでた。うぃーっ。
もう、参ったぜ。一日の夜に親戚のねぇちゃんから電話掛かってきてさ、カラオケに行く早く来いと。俺自慢じゃぁねぇけどこの年になって未だ親と連れ立って街を歩くのが嫌なんぜ。我ながら餓鬼だとは思うけんどね。
「うわぁーオガタ(仮名)親と歩いてやんの!」
とか言われんじゃねぇかと身構えちゃうんよな。俺は何歳だっつの!わかってるんけどさ、なんか外に身内と出るんが苦手なんよなぁ。
あまつさえそんな俺がよ?カラオケだぜカラオケ。どう考えても行かないべ。





行っちゃったよ。
あはは。
じいちゃんが死んでからと言う物家族、親族に弱いんよなぁ。
でも恥ずかしながらも、カラオケと言う行為は別として素敵な事なんではないかと思ったよ。

あぁ、因みに言っておくと僕は今年大吉だ。えっへっへ。大躍進ーーーーーーーー!
ふっふっふ。今年の俺はすごいぜ。




多分な。
チャオーーーーーーーーーーー!(チャオ初め)
アローミナサンコンバンハ!お久しブリーフ。
ドゥバ!
ともすれば日記をサボりがちな某ナニガシ。過去の情熱はイズコ。情熱の薔薇は真っ赤なのか。もみじの葉っぱも真っ赤だなー
いやいやいや、この前散歩してたらどこの上流家庭だか知らんけど
ドッラファソードッラファソーなんつって物悲しくピアノが聴こえてきたん。しかも単音弾きで。
むむ、この郷愁のメロディ、なんだったべかと脳みそ引出しを引き出しても断片しか出てこんの。で、その断片を繋ぎ合わせつつ歌詞を組み立てていったん。
折りしも夕焼け時。
真っ赤だなぁ真っ赤だなぁ 蔦の葉っぱもまっ

ってここまで来てやっと気づいたね。
葉っぱねーじゃん。冬だぜ。蔦無防備だぜ。全く上流階級のするこたぁ良くわからんぜ。しかも単音で弾きやがって。物悲しいじゃないか。
でもいい歌だぁね。

僕は数年前から持論を持っていてさ、死ぬ時に頭の中を曲が走るとしたらそれはきっと童謡なのではないかと思うん。なんだんべ、この曲のタイトルさえ今はわからないのだけれども中身やメロディが大変に自分の風景にマッチしているんな。鮮烈に。
のっぽさんの古時計はいいかげんうんざりだけんどそれぞれにそんな曲があるんではなかろうか。
ただ死ぬ時に流れるのが古時計はいやぁな。もう動かねーし。あっはっは。
チャオー
アローミナサン、コンバンハ!
さみぃね。。
雨が降ったりして気温が緩やかになるとこの季節、大変に寂しくなってしまう。
冬はビビビッとほほを指すような雨が好きな。
その体感温度が心地良い訳では決してないんけどなんつんだ、冬の雨がぼへぇっとしていると気が抜けてしまうんよ。
今日みたいんに寒い日は歩きながら泣き言を言いたくなったりするんけど
部屋に着いた安堵感とか全部含めてやっぱり冬は寒くなきゃなぁ。

民家付近では猫を見かけるんけどさ、公園の中で出くわす事はめったに無いんだ。
本日のビビビッとほほを指す寒さにコートのチャックを首まで目一杯あげて、自ずと肩に力が入りつつポッケに手ぇ突っ込んで歩いてたん。
池の端のベンチに猫がいてさ、遊んだ。
なんだ、犬も好きなんけど涎たらしながらハッハ言って前足がちゃがちゃやられるよっかさ、ゆっくりと体の周り歩きながらぐぐぐっと頭をこすりつける猫が好きだな。
街灯を背にして、はたまた僕の影に潜ったり。たまに見える白に黒のぶち顔は可愛かったぜ。
こんな寒い日には角を曲がればハナミズがいるんじゃないかといつも期待してしまう。

アロー、ミナサンコンバンハ!
一週間くらい前だか友達が、このアルバムがすげー、っつって書いてるのを読んだん。
その直後その友達ん家にお招きあずかる機会がござんして、ここぞとばかりにほにゃららしてもらった。
とんでもねーアルバムだ。
マイルスデイビス。狂ってるぜ。いや、ほんとに。

ストーンズの曲に「悪魔を哀れむ歌」なんつぅ、この時代滅多に無い素晴らしい邦題をつけられた
「sympathy for the devil」って曲があってさ、曲名が意識に入っていたのかこの曲が大変悪魔的と感じてたん。
ベースが音程こそ変えてるけど非常にループを感じさせて(4小節のループ)、なんつんだ、左よりのチャンネルから聴こえて来るベースに意識を向けてるとぐぐっ、ぐぐぐっと、どんどん迫ってくる感じがすんの。
あぁ、なんて説明すればいいんだろう!
例えば映画で主人公視点の、トラックが飛び込んで来るシーンがあったとするじゃん、しかもスローモーな。じわりじわり迫り来る脅威、心臓を押す圧力、な感じ。じわじわと迫り来る圧迫感が気持ちいいの。そのぎゅぎゅっと来る圧力の方向が心臓ではなく、それは脳みそに向かっていてやたらゆっくり迫り来るん。

つって、なんとなくストーンズのその曲の悪魔的な部分は頭で理解することが出来るんけど(それでも肉体に迫り来る物があるんけど)最初にあげたマイルスのはわっかんねーの。
呪術的。気が狂いそうになった。
でも体ノッテんの。わっけわかんねーの。相当体調が良い時で無いと聞けない音楽だ。
すげーぜ。
「マイルス on the corner」で検索かけてみるといろんな人の感想が見れておもろい。
カッコツケシーばっかだけどな。おほほ
チャオ