Archives

2002年03月のLog

アローミナサン、コンバンハ!ぐはぁ!つっかれたがな。
昨日バイト帰りに終電までとカラオケに行ったんけどなんだか楽しくなっちゃって結局朝まで。で、6時位にさぁ帰ろうか、と言う時にバイト仲間で議論勃発。結局終わったの8時。なはは。はは…
今日友達の引越しだったんよね。このまま一度家に向かうと絶対起きられない、若しくは寝呆けて三鷹まで、となりそうな予感がしたのでそのまま友達の家へ。したらそっちでも結局寝過してやんの、俺。もう慣れたね、起きたら知らない場所。のんびりしていていいじゃないか。あはは。
それでも友達と約束していた時間より数時間早く付いてさ、部屋の中はごった返しているだろうから車の中で用意ができるまで寝かせてもらった。
友達は引越し先はさ、なんと11階建てのすげー奴でさ、アパートより1階高いだけでマンションと言う名前が付いてる僕の家とはかけ離れていた。すげんだぜ、屋上から下見るとちんたま袋がきゅっとすくみあがるくらいの高さだぜ。なんつっても名前がすげんだ。ほにゃららマンションでは無くほにゃららパレス!王宮だぜ、宮殿だぜ。わお!
んでもって引っ越し終わってから大変に美味い焼肉奢ってもらっちったよ。ロースが!ロースがよぅ、柔らかいんだ。じゅるるるる。
そんで終いには吉祥寺まで送って貰った。気ぃ使いすぎだぜ。正直助かったがね。ありがとう!
ってな訳で睡眠時間が極端に少ないので寝ます。チャオ!
アローミナサン、コンバンハ!今日さ、久しぶりにそれほど遅刻しないで行ったん。ついて間もなくすると渋谷の社長がやってきていきなり、明日から渋谷勤務にだから、と。すんげぇ唐突で何がなんだか良くわからんけど池袋勤務になる時も唐突だったからなぁ。まぁ俺がぶらぶら出来れば何処だって構いやしないのだが。
ただ、単純に家からバイト先が近くなったのが嬉しい。しかもこの季節。井の頭線沿いはいい感じなんだぜ。この前も書いたっけ。桜並木っぽいのが見えるんだよ。まだ茶色い木しか見てないからなんとも言えないんけどね。でもこの前友達の彼女がそれを裏付けるような事を言ってたん。風景を嬉しそうに話す娘で聞いてて嬉しくなってしまった。
そんな風景がこれから広がる沿線。いいべ。むっふっふ。チャオ!
アローミナサン、コンバンハ!昨日より渋谷勤務になってようやっと古巣に戻った訳なんけど何やっていいか良くわからん。状況把握で精一杯。ぶらぶらりんこと過ごした。なは。
で、渋谷社長が寂しがって結局夜通し飲み。池袋と変わらんがな。まぁ俺はただ酒とあらば何処でも行くぜ。ヘイ、そこいらのさみしんぼ!俺を誘いたまえ。金は君が持てよな。
して、結局朝帰って来たんけどね、驚く事無かれ俺は桜の花を見たぜ。少し前から蕾が膨らんできていたんけど今日は半開きの花を見た。一つか二つ。
11月にココへ引っ越してきたんけどその季節は落ち葉。日々少しずつ、けど確かに変化してくの。あの、匂いが豊穣さを増していって枯れていく感覚を僕は忘れない。
言ってみればそれは後退のイメージなんけど要は土に返っていく匂い。これから僕が嗅ぐのは土から這い出てくる匂いだ。なんとも素敵じゃないか!明日外に出たときにはもっとそんな季節の移行を感じる事だろう。チャオ!


アローミナサン、コンバンハ!もう昨日とか一昨日とか、日記書かない理由をココで言い訳するの止めた!書きたいときに書く!だっばぁー
こう毎日だらりんちょが続くとハイ昨日もオールナイトロンとか書くのが虚しくなってくんのね。空虚。
きっと僕は「イエーイ今日も夜通し!」「今朝も酒飲んで遅刻した!」とか言ってズレタ優越感を味わいたかったのではないだろうか。そしてそれをココに記す事によって僕は免罪符でも手に入れたような気になっていたのだ。そして結果はダラダラなのだね。阿呆くさ。自由人ぶりやがってってな感じかしらん。

そんな意識がようやっと浮かび上がってきてやる気満々。散歩だってするしギターも弾く。歌も歌う。やっとこ外に気が向いて来たん。そして僕はそれを喜びとしてひしひしと感じるのだ。
でね、話は180度どころかまるで変わるんけどさ、ヘッドフォンをよく装着すんの。エレキギターを弾く時や、夜中でも無性に音楽を大音量で聴きたい時とか。
それは常では無くって大体一時期に押し寄せんの。大音量でギター弾きたい、音楽聴きたい欲求。
んでその時期がまさに今で家でヘッドフォンつけて何だこの音は!かっちょえー!とか言って聴いてるんけどさ、これ繰り返してると耳たぶにしこりが出来んの、俺の体質。で、今朝いい加減耳たぶがぱんぱんに腫れてきたから手術。
ばい菌入らないようにライターで裁縫針あぶってね、赤くなって、それが冷めたら耳たぶに刺すん。もう慣れた行為だ。ゆっくりゆっくりと針を推し進めていくん。僕はピアスをしないからガッチャンコなんてないんよ。だからじわじわ針をずぶずぶずぶぅとゆっくり推し進める。結構痛く無いんだぜ。
貫通させて耳たぶを人差し指と親指で万力に掛けたらじゅぶじゅぶじゅぶとうんこみたいな膿が出た。おえ。
傷口に出る膿とかはよく見るけど密閉された耳たぶの中の膿。これ今日たまたま処理したから良かったけど下手したら耳腐るんじゃないか?
音を一番近くで聞くとこでさ、ぷちぷちっとなんだか繊維が断ち切られるような音をさせながら、聴きながら怖かったけんどね、すっきりした。チャオ!
アローミナサン、コンバンハ!いっひっひ、えっへっへ。何、浮かれてるのかって?いやいや単なるリズムだ、リズム。
いっひっひ、えっへっへ。と書くと3音ずつでこれは3拍子かと思いきや僕は句読点で一拍取っていたので4拍子。なんかこんな歌あったね。これをいっひっひーえっへっへーとやるとゆっくりとした2拍子。コレを肩揺らしながら歌ってみて。なんか気持ちよくなってくるんぜ。そうでもない?あっそ。

で、どうだいこの花粉野郎!鼻水はうちの気が向き居候だけで結構極まってるのだ。間に合っているのだよ。電車ん中でブィイェックションっつってくしゃみ一閃。飛び出す兵器。手の平びちょびちょ。がぁーん。俺今日からナニガシやめてハナミズ名のるよ。某ハナミズ。イカス―ーーーーーーーーーー!
いやイカサナイ。いっひっひーえっへっへー(2拍子バージョン)
と言う訳で鼻水も滴る男ナニガシ、もといハナミズでした。チャオ!

アローミナサン、コンバンハ!
三寒四温とはこの季節を良くあらわしたものだとは思うけんど10時間寒14時間温、なんつぅ言葉は無い物か。
最近昼間出勤なもんであったかぽかぽか。むむぅ、この言葉は冬のおこたのようだな。春だからふぅわりぽかぽかとでも言っておこうか。どんどん春が押し寄せる。冬の中の晴れ間や、おこたと言う、一点では無くってさ、今浮かんだイメージだとね、僕の方に向かって竜巻が横に口を開いてんの。その中にびゅーっと吸い込まれる感じなんだ。風景全体がめくるめく様に移っていく。なんとも言えない気分だ。
コートの下に長袖ティーシャツを一枚。それでも軽く汗ばむくらいだった。したら夜ぴゅー。さみー。やっぱ10時間寒14時間温。

バイト行く前に古本屋が開いていたのでなんとなく足を踏み入れた。てらっと棚を一舐めしたら輪ゴムで括られた2冊の文庫があったん。自然目にとまって思わず買ってしまった。フロイトの夢判断。興味はあったもののこう言うのってなかなか手がでんじゃん。で、なんだか輪ゴムで括られてるんがなんか気に入って一押し。レジへゴー。

学術書だからか、翻訳本だからか。なんとまぁ読みにくいものか。
そもそもここでAがあらわす物、つまりBと言う事象を受けて意味をなす所のC(すなわちD)が我々に示唆する物はなんたらかんたら。つってよ、お前もっと簡潔に書けよなぁ。縦に目を落としていって、ぬな、このCは何だったけか、つってまた前に戻り、そうすっとまた遡って確認しなきゃぁならんような単語があったりって事ばっかりじゃぁないか!頭に滑り込んでこんぜ。ったく、人に物事をよう伝えられんなんて馬鹿だよなぁ。
えっ、違うの?俺が馬鹿なの?がびーん。ちきしょう、意地でも読んでやるがな。チョア!


アローミナサン、コンバンハ!
こ、こ、国家にやられた…僕は国家権力に膝まづいたのだ。
つっても延滞してた健康保険と中野ん時の住民税を払って来ただけなんけどね。なは
でもさ、健康保険はわかるよ、けど中野が一体僕に何をしてくれたっていうんだ。
俺はがたがた道や土の道の方が好きなんだ。ちゅうか税金の使い道って年末の道路工事しかわかんねんけど。後公務員さんの給料。
これこれこう使いましたっつうの寄越せよなぁ。チャオ!



アローミナサン、コンバンハ!この季節春眠暁を覚えずとは良く言うけどね、俺の場合正午でさえ覚えないんけど。昨日は5時出社、本日は4時出社。駄目駄目だぁね。
もうさ、起きたら2時でさ、はじめは焦ったんけど春だし温かいしさ、どうでも良くなっちゃって外には出たものの公園でビール買ってベンチに座ってぼけっとしてた。
社会的にあぁ僕はいかんなぁ、と漠然と思ったのだけれどもそれでも僕はなんと素敵な時間を過ごしているのだろうかと思ったのだよ。春の夕暮れ前に。
こうやって日々ギター弾いて歌も歌ってちょっと働いて公園でぼへぇ。凄く平和な暮らしかただと思うのだがどうか。
ただ僕はスポットライトを浴びたい、みんな僕を見てるぜ、ちゅうのが単純に快感なんね。いひひえへへとなってしまうのだ。
僕は別に髪結いの亭主になりたいのではない。日々の平和な時に瞬発的な熱狂があればいい。チャオ!

アローミナサン、コンバンハ!オッヒサシーブリ。ちょいと関東圏を抜けてきてね、岐阜まで行って来たん。酔いどれ社長が行くか?と聞くので行く、と。無賃で旅が出来るのならば行くっきゃないべ。
そもそもなんで岐阜に行く事になったのか、なんぞの講釈をたれるとこの酔いどれ社長云々を話さなきゃならんくてそれには相当数の文字を書かんきゃならんのけど書いたら書いたで読者は、ふーん。
なので却下。

で、向こうでレンタカー借りたんけどさ、ものの見事に迷っていろんな道を通った。したらさ、川がすんごい綺麗でね、俺免許持ってないし後部座席で寝たり起きたり。起きたらまたいい風景。なかなかに良い旅だった。

で、東京帰ってきたらこれまた凄い事になってんじゃん。日曜日に帰って来たんけどさ、人ばっか。まだそんなに桜咲いてないのに桜前線情報を鵜呑みにしたのかどひゃーっと人が集まっていた。人がよう知らん道を遠回りして通った方が早かった、と気付いたのは時既に遅く、人の波に流されながら公園にたどり着いた。
公園に出てやっとこ人並みを外れてすっきりしたので取りあえずビール購入。陽射しあったかくってさビールがうめんだコンチキショウ。でっへっへ。人の合間を掻き分けて柵に座って2分咲きの桜見ながら飲んだ。

で、今日はバイトサボり。またもやでっへっへ。そんなさ、せっかく1年に一度桜咲いてんからさ見なきゃそんだぜ。

春一番か。家にいるときからびゅーびゅー、びゅーびゅー風が鳴っていた。
一通り散歩してから屋上で一杯やったのだけれども、やっぱり咲いたばっかりの花は強いんだね。そんな風が吹いていてもまるで散る事無く咲いていたよ。
そんな日々。結構幸せ。いひひ。チャオ!


アローミナサン、オハヨウゴザイマス!この前春眠暁を覚えずなんたら言ってたら今朝は暁を見てるのだよ。だはは。BGMはオーティスレディング。いや、特に春っぽいと言う事は無いんけど阿呆っぽくはしゃぎまくるオーティスレディングを聴きたくなったん。
「ヨーロッパのオーティスレディング」こんなライブをやってるから早死にするんだ、なんつぅ名盤だ。

さておいて今日は、と言うよりも既に昨日なんけどバイト行く前に公園よってビール。気分が良かったから、とかじゃ無くってね、一昨日くらいから決めてたん。少し早起きしてバイト前にぼへっとしようと。昼、外で飲むビールに幸せを感じてしまうのだ。のんびり行こうぜベイビー。
とかいってたらのんびりしすぎて遅刻だがな。なっはっは。
遅く行ったらその分働かなきゃならんくて終電で帰ってきた。
やばいぜミンナ。もう桜7分くらい咲いてるんぜ。と言う訳でコンビニでビールを購入。よーざくら0。ドン!
部屋帰る前に屋上に登った。最近のお気に入りスペース。春先になって夜登ったのは初めてなん。それでさ、家の前に桜が3本あるん。街灯もあるしこいつは素敵な風景だろうと期待して登ったんけど、街灯があると言うのは僕の勘違いで何処ぞのお家の橙色の玄関灯で桜がいい色に見えなかった。切な。
煙草ふかしてから部屋戻った。
そんな桜な毎日。
そうだ、今日花の名前を知ったんけど、コブシという花はもう散りはじめてるん。道に大ぶりの花びらが散っていた。切な。
チャオ!


 15件  


最初 1 2 最後